い〜ね!健康メタボ対策応援サイト

い〜ねい〜ね!健康・トップ << メタボリックシンドローム、代謝症候群とは

健康情報
便秘とうんこ
やせるダイエット
痛みと健康
美容と健康
生活習慣病とメタボリック
健康ブログ
使って良かった・体験談
健康関連記事

 

ペットの健康

メタボリックシンドローム、代謝症候群とは

 最近良く耳にする“メタボ”という言葉があります。なんとなく可愛く響くこの言葉ですが、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の略称です。直訳すると「代謝症候群」となりますが、さてどんなものなのでしょうか。
 肥満傾向にある人で、生活習慣病などの検診で現れる数値が“標準値圏内でもちょっと高め”という場合でも、それが重複することによって心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まります。その発症の確立は健康人の約3倍、糖尿病の発症率は9倍にもなると言われています。
 日本では、「内臓脂肪症候群」として以前から一部の学会で取り上げられていましたが、最近、世界的にも共通認識として『メタボリックシンドローム』という呼称で統一されています。

診断の基準は?
“隠れ肥満”などと言われるように、太っているとか外見だけで判断することはできません。まずウエストサイズを測ります。男性が85cm以上、女性で90cm以上であれば「内臓脂肪型肥満」と診断されます。該当した方はさらにコレステロール値、血圧、血糖値を測ります。
 「内臓脂肪型肥満」の判定に加え、前記「コレステロール値」「血圧値」「血糖値」の危険が2つ以上重なった場合に『メタボリックシンドローム』と診断されます。各々の危険値は、、、
コレステロール値/中性脂肪が150mg/dl以上、または善玉コレステロール値が40mg/dl未満
血圧値/収縮期130mmHg、または拡張期85mmHg以上
血糖値/空腹時の血糖値が110mg/dl以上

>> 次へ

トップページ会社概要広告掲載について
copyright©2007 Business Design Consulting Project All Rights Reserved.